VIOの医療レーザー脱毛は粘膜までする?

MENU

VIOの医療レーザー脱毛では、粘膜まで処理できる?

Iラインの粘膜部分

 

VIO脱毛をする際に気になるのが、「粘膜部分はどうなるの?」ということですね。

 

通常は粘膜部分に毛が生えることはない、と言われています。
粘膜部分は毛が生える組織ではないそうです。

 

あなたのそのムダ毛、粘膜部分ではなく、実はギリギリ境界線上のお肌寄りにありませんか?
もしそうなら、粘膜ぎりぎりまで照射はしてもらえるので大丈夫です。

 

ただ全てに絶対はないので、本当に粘膜部分に生えているの!という人もいるかもしれません。
そんな方は、数は少ないですが、粘膜部分への照射も対応してもらえるクリニックに行きましょう。

 

湘南美容外科クリニックのVIO医療レーザー脱毛は粘膜への照射可能?

湘南美容外科クリニックでは、デリケートゾーンを対象としたVIO脱毛でも包み隠すことなくすべての情報を公表しています。
このメニューは、肛門や性器周辺などの粘膜部分の体毛も対象としているので、照射範囲も重要なポイントなのですが、これについても公式サイトに掲載されています。

 

それによると、湘南美容外科クリニックが実施しているVIO脱毛は、対象としている部位への全照射が可能です。
ただし、粘膜部分へのレーザー照射は対応していません。

 

ちなみに、Vラインのみの場合は横5センチメートル、縦8センチメートルとなるので、形を綺麗に整えたいという人の場合は、 VIO脱毛を選択するのが適当ということになります。

 

>>>湘南美容外科クリニックのVIO脱毛はこちら

 

アリシアクリニックのVIO医療レーザー脱毛は粘膜への照射可能?

アリシアクリニックでは粘膜ぎりぎりまで照射を行ってくれますので、満足な仕上がりが得られるのではないでしょうか。
また、希望すれば粘膜部分への照射も行ってくれるという話もありますので、もし本気でお考えであれば相談してみると良いでしょう。

 

>>>アリシアクリニックの公式サイトはこちら

 

 

その他の医療レーザーVIO脱毛を受ける前に気になることはこちらへ